あなたに色をプレゼント。色覚異常の人たちが「世界の色」を知った時の反応がすごい

 普段見ている色、触れるものへの感触、感じる匂い。もしかしたら、私の感じている世界は、みんなが感じている世界とは別物なのかもしれない…そんなことを考えたことはありませんか?

 色覚異常、いわゆる『色盲・色弱』とは、正常とされる他の大勢の人とは色の感じ方が異なる状態のことを言います。色盲と聞くとモノクロームの世界をイメージするかもしれませんが、他にも特定の色(赤と緑等)の判別が困難だったりするなど、様々なタイプがあります。最近では「色覚多様性」とも呼ばれるようになり、世界では約3億人、日本人男性では20人に1人が色覚異常だといわれています。

 そのような人達が世界の色を知ったら?
今日は、「色」をプレゼントされた人達の反応をご紹介します。

 米国の Enchroma社が販売する EnChroma Cx(エンクロマ シーエックス)は、かけるだけで色盲・色弱者の色認識を助けるサングラス。特定波長をカットすることで三原色をよりはっきりと知覚でき、裸眼では見えない色を識別することが可能になります。

 動画では、色盲者の世界の見え方、そして、サングラスをかけた人達の反応が映し出されています。「あれは、君たちが毎日見ているものなの?」と笑ったり、感嘆のため息を漏らしたり…。公式オンライン通販では3〜400ドルで販売されており、ネット上では、このサングラスを友人・知人にプレゼントした時の様子を収めた動画がアップされています。

 コメントやツイッターでは、「科学は本当に素晴らしいよ」「泣くつもりはないけど…『子どもの目を見て、とても可愛いよ』って…うわああん!」「こんなに泣き出してしまうほど美しいものに囲まれて僕らは毎日を過ごしているんだな」など、多くの反応が寄せられています。確かに、私たちが思ってる以上に世界は美しさにあふれているのかもしれません。

コメントを残す