寝れないから意味がわかると怖いコピペを読もう

1名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)01:59:38ID:heb
寝れないから集めて貼ってこう
8名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:05:31ID:CxS
私は風呂でシャワーを浴びているとき
リビングの方から一つの悲鳴が聞こえた。
私はすぐに風呂から上がり、素っ裸でリビングに向かう。
するとそこには、覆面を被った男と
体から血を流した父と母と妹の死体が床に横たわっていた。
覆面の男は私を見た途端、すぐさま窓から逃げ出し
私は顔を真っ青に染めながらその場に座り込んだ。
10名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:06:58ID:J82
>>8
語り手が犯人 強盗は語り手が犯人だと悟って逃げたので語り手が青ざめてる
16名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:10:22ID:heb
その友人は高層マンションに住んでいます

彼は14階に住んでいるためエレベーターは必須なのです。
これは、仕事が長引いてしまい、夜中に帰宅したときの話です。

いつものように彼はエレベーターに乗って14階のボタンを押し、ドアが閉まり動きだしたところ、8階のボタンのランプが点灯したそうです。

「ああ、だれか乗ってくるのか… 」

そう思った直後、ハッとした友人は慌てて2階3階4階5階とボタンを連打しました。
エレベーターは2階は通過したものの、3階で止まってくれたので開きかけのドアをこじ開ける勢いで外へ飛び出しました。
そのまま階段を駆け降りてマンションをあとにして、朝までコンビニで立ち読みしていたそうです。

「まあ俺の思い過ごしだと思うけど、万が一ってこともあるしな」

友人は笑いながら他の友人達にそう話していましなが、しかし夜間にエレベーターを使うのは今でも控えてるみたいです。
28名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:16:38ID:5n0
>>16
これわからない
狙って待ってたってこと?
32名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:17:17ID:heb
>>28
エレベーターの内側のボタンは、乗ってる人が押さないと光らないんだよ
31名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:17:14ID:J82
>>28
止まる時エレベーター内のランプはつかないので誰か自分以外が乗っていた
22名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:13:00ID:heb
出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。
ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。

案の定深夜にドアをノックする音がする。
ホテルの人かな? と思い声をかけたが返事がない。

もうドアを見るのも怖くて、ひたすらノックの音がする中夜が明けた。
ノックが止んだ後俺はすぐチェックアウトした。

出張から帰って同僚にノックの話をすると、「やっぱり出たか」とこんな話をしてくれた。
そのホテルは以前火事になり逃げ遅れた人がいたという。
その人は運悪く部屋の中に閉じこめられて、そのままなくなったそうだ。

ああよかった。ドアを開けていたら今頃どうなっていたことか。
35名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:19:11ID:J82
>>22
逃げ遅れたのは語り手
38名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:20:12ID:heb
>>35
これは、幽霊が叩いてたのは部屋の内側からってオチ
ドアが開かなくて焼け死んだ霊と一晩一緒にいたよって話
61名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:32:16ID:heb
老人『本当にこれで若返れるのか?』

男『えぇ。我社の開発したこの機械はあなたの細胞から全盛期だった若い体を生成し、
あなたの今の記憶を入れることで記憶はそのままに体だけは若返ることができます。』

老人『そうか…。お願いするよ』

そして老人はベッドに寝かせられシートが被せられた。

それから数時間。
老人(遅いなぁ…いつになったら始まるんだ?)

男『お待たせしました』

若い男『ありがとうございます。こんなに上手くいくとは…
ところでこの古い体はどうするんですか?』

男『こちらで処分いたしますよ。またのご利用お待ちしております。』

そう言うと男はベッドを焼却施設まで運んで行った。

老人(おぉ。前の誰かは若返りに成功したようだな。それにしてもやっと俺の順番か…)

若い男『ありがとうございます』
71名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:37:01ID:5n0
>>61
記憶はそのままに←
現在の自分は捨てられて
若返った自分は生きてく?
73名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:38:07ID:Wcy
>>71
もともとの自分は死ぬ
しかし社会的には生きている
今時社長なんかは後者を選ぶのではなかろうか
77名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:40:36ID:5n0
>>73
年取るっていうのはリアリティのある怖さだよね
世にも奇妙な物語でも入れ替わりとか何度か見てるけど
やっぱり怖いよ
75名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:39:21ID:heb
ある休日俺は友人2人とドライブに行った。

友人Aが車を運転しながら
「こうして3人で集まるのは久しぶりだな」

助手席で俺は携帯をいじりながら
「そうだな、今日は楽しもうぜ」

後部座席で友人Cが携帯を片手に
「キャハハハ、心配するなって他の女と一緒じゃないよ男しかいないって!
和美は心配性だな〜・・・・・」

Cは最近和美という彼女ができたらしく、俺達に彼女の自慢話ばかりしてくる、
おまけにさっきから俺達との会話そっちのけで彼女とずっと電話している。

俺と友人Aはうんざりしていた。

「そういえば俺メルアド変えたんだ、
最近迷惑メールが多くていまからみんなに新アドレス貼ったメール送るね」

「おう!送ってくれ」

「ところで今度のデートはどこ行きたい?
和美の好きなとこでいいぜ・・」

俺は彼女との電話で浮かれているCを無視して友人全員にメールを一括送信した。

「ピロピロ〜♪ピロピロリンリン〜♪」
「チャラチャラ〜♪チャララララ〜♪」

車内に2つの着信音が響き渡る、
よかった無事に届いたみたいだ。
85名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:43:37ID:J82
>>75
彼女はCの妄想かよwww
81名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:41:53ID:zfQ
>>75
電話してたらメールの着信音鳴らないからずっと彼女と喋ってるフリしてたのね
90名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:44:39ID:5n0
>>81
これは怖い
ちょっと種類が違うけど
87名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:43:48ID:heb
>>81
友人がエア彼女自慢なのかガチ糖質なのかで怖さの質が変わる
93名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:44:57ID:Wcy
>>87
浮気した彼女が本命
今の彼女は前の携帯だが、新しい和美とは新しい携帯でやりとりしている
101名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:47:41ID:zfQ
>>93
その説は初めてきいたわ、なるほど
98名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:46:57ID:J82
>>93
2台持ちとかいう新説
83名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:43:18ID:heb
ある地方で大きな地震があった。

避難所の小学校で寝ることにしたが人があふれ騒がしくてとにかく暑い。

涼みに外にに出ると明かりのついてない建物を見つけた。

そこはとても涼しく、静かなので多くの人が横になっていた。

これはしめたとそこで寝ることにしたがしばらくして異変に気付いた。

静かすぎる。私は建物を飛び出した。
88名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:43:52ID:Wcy
>>83
まるで誰も息をしていないかのような静けさであった
107名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:50:27ID:zfQ
何を食べるの?と聞くとその子はいつも数字で答える。
興味が沸いた私はその子を引き取った。
肉を食わせると『18』、野菜は『24』と答えた。
意味がわからなかった私はその子を家に帰した。
後日その家を尋ねると、
その子が出てきたので何を食べたの?と聞くと
『64』と答えた。
112名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:51:16ID:Wcy
>>107
葉っぱ食べてるとか助けてやれよ
119名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:54:41ID:zfQ
>>107
肉→18→2×9
野菜→24→8×3

64 → 8×8 → 母
お母さん食べちゃった
125名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:56:39ID:Wcy
脳死が確認され、
無数のチューブと人工呼吸器や点滴により生き続けた。

しかし死んでしまった。
「すみません。手を尽くしたのですが」
医者はとても悲しげな顔で告げる。
彼の亡き骸を抱いた時、とても軽く、苦しかったんだと思った。

「治療費は結構です」
決して裕福とは言えない私の状況を察し、
なんて優しい医者なのだろう。私はすぐに泣いた。
「遺体を見るのは辛いでしょう」
お医者さんがシーツを被せた。
「思い出は彼と共に焼いて忘れなさい」
この一言で私は立ち直れたのである。
131名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)02:59:13ID:zfQ
>>125
中身無いもんね、そりゃ軽いし遺体見せたくないわな
129きるるん◆T/zDunLCB1ga2017/09/08(金)02:57:52ID:pCx
>>125
133名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:00:10ID:5n0
>>129
そうか!
脳死後も内蔵とろうとすると暴れるから麻酔うつんだって
本当に意識はないのかね恐ろしい
134名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:00:28ID:Wcy
>>133
脳死してなかった可能性
142名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:04:20ID:zfQ
さっきさぁ,お兄ちゃんが大慌てで帰ってきたのね
なんでも「隣の家で殺人があるぞ」って
んなバカなってかんじ だって隣普通に談笑してるっぽい声聞こえるし
なのにお兄ちゃんてば「早く逃げろ,危ない」の一点張り
お兄ちゃんてば頭どうかしちゃったのかな
なんかその内お姉ちゃんにまで話し出すし
そしたらお姉ちゃんまで「逃げなさい」って怖い顔で言うんだよ
二人ともホントイッちゃってる感じ 
「二人とも何言ってんの」って言おうとしたその時,隣んちから
「あはは,それはないよ」って聞こえたの

その次の瞬間,私たちは家から逃げ出した
150名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:11:31ID:heb
>>142
これマジで意味わからん
154名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:13:10ID:Wcy
>>150
盗聴器の見つけ方
隣の家が怪しい場合
1隣の家で大変なことがあったと騒ぎます
2隣から返事がきます
3おめでとう、盗聴されてます
156名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:14:19ID:heb
>>154
盗聴されなきゃ聞こえないはずの声が隣から素通りで聞こえてくる矛盾と、盗聴してる人間がわざわざ隣人の会話に突っ込む矛盾に納得のいく説明が欲しい
161名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:16:29ID:Wcy
>>156
隣の声は談笑っぽい話し声が聞こえるからある程度聞こえている
お兄ちゃんとお姉ちゃんが小声で言えばいける
146名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:09:12ID:Wcy
友達から聞いた話。

ある日、友達が知人に食事に誘われたんだって。
あまりその人と親しくないし、噂によるとその知人は謎の宗教に入ってるみたいで、
ちょっと不安だったけど食事に行ったら、出てきたのは焼肉だったらしい。

「人の肉かも…」って思っておそるおそる食べたけど、食べてみたら違ったんだって。
一体なんの肉だったのかは、今も分からないらしい。

いったいなんの肉だったんだろう?
148名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:10:30ID:J82
>>146
なんで人肉知ってんだよ
158名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:14:27ID:zfQ
「一年前、うちの大学の生徒が無人島で7人全員死んだって事件あったよな?」
「あぁ、あったな。それがどうした?」
「実は、その事件の模様を映したビデオがここにあるんだよな〜♪」
「マジで?!」「えぇ〜うっそー」「怪しい」「・・・ホントに?」みんなそれぞれ勝手なことを言っている…
「まぁ、とりあえず観てみようぜ〜」

ビデオが再生されると初めは普通の旅行のようだったが、その夜に一人の死体がみつかるとそこからはパニック映画のようだった。みんな震え、怯えている。
そこから次々と死体で発見されていき、結局はカメラマンと一人の少女が残った。少女は言う。
「あなたが犯人なんでしょう?!私が犯人なわけないもん!それに、こんな状況でビデオ撮ってるなんておかしいわよ!」
「違うおれじゃない!これは警察に証拠として、渡すために・・・」
少女は最後まで話をを聞かずに外に飛び出していった。それをすぐ追いかけるカメラの男。
そこで、急に画面が黒くなり次には無残な少女の死体と首吊り自殺をしたと思われる、カメラの男が映っていた。そこでビデオは終わった。
168名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:18:52ID:zfQ
兄が狂乱し家族を皆殺しにした。すぐに兄は逮捕され、死刑となった。
妹は幸運にも生き延びたが、事件のショックで記憶を失ってしまった。
父も母も失い、記憶もない。空っぽな心で無気力なまま生きていた妹は、ある日占い師と出会い、自分の過去を占ってもらうことにした。
「何故兄は発狂したのでしょう」
「いいえ、アナタの兄は冷静でした」
「何故家族を殺したりしたのでしょう」
「いいえ、兄が殺したのはひとりだけです」
そして妹は全てを理解して、泣いた。
177名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:21:25ID:J82
>>168
わからぬ
182名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:23:58ID:5n0
>>177
兄は冷静だし殺したのは一人
妹は記憶を失ってる
196名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:28:33ID:Wcy
>>168
狂乱して家族を殺したのは妹。
妹を庇うため、兄が狂ったふりをして罪をかぶった。
そして兄は死刑になることにより「兄自身」を一人だけ殺した。
妹は記憶を取り戻して泣いた。

これでどうだ
200名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:30:42ID:zfQ
雪山で遭難したあるグループの話

A「だから俺は反対したんだ!」
B「今更そんなコト言ってもしかたないだろう!」
D「うるせーぞ!」
E「落ち着け、喧嘩しても腹が減るだけだ」
F「また食料も付きかけてるんだ・・・焦るのも分かるが」
G「ガクガクブルブル・・・」
239名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:44:19ID:Wcy
俺の人生ってなんなんだろう…。
結婚を考えていた彼女にはフラれ、就活は全滅、バイトもクビに、友達だっていない。
顔もぶさいくだし、生きていく意味なんてない。

俺は、この糞みたいな人生に終止符を打ちたくて、自殺を考えていた。

パソコンで、自殺について調べると結構色々出てきた。
色んな方法があるんだなぁ。どれが一番いいのだろうか。

成功者の体験談とか読んでると結構手順とか様子がリアルで怖くなってきた…。
やっぱやめとこうかな…。
254名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:46:50ID:7X2
>>239
他殺だったとか
267名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:50:10ID:heb
>>254
自殺成功者の体験談ってなんやねーんと思ってたけど
自殺に見せかけた他殺の成功談だとしたらそれはそれで怖いな
278名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:52:35ID:Wcy
>>267
成功者は自殺しないから近くで自殺でも見ない限り細かくかけないよな
264名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)03:48:53ID:zfQ
昨日夜遅くに会社に呼ばれた(クレーム)で、バスも電車もないので家までタクシー呼んだんだけどそのときの運ちゃんとの会話


運「昨日近所のレストランで刃物持った男が暴れて逃げたらしくて僕らも注意するように言われたんですわ。
もし乗せちゃっても気づかない振りして降ろしてから通報ってね。」

俺「こわいっすね〜。大阪でも物騒な事件がありましたしね〜。」

運「こわいね〜。でもまあ幽霊さん乗せるよりはマシですよ。
あいつら無銭乗車するし事故を誘うし大変ですよ。」

俺「大変です・・・って、乗せたことあるんですか!」

運「しょっちゅうですよ。今日もちょうどお客さんと入れ違いで降りていきましたよ。
気づきませんでした?」
300名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)04:03:44ID:Wcy
女の幽霊が出るという噂が立った。
そいつは、村はずれにある雑木林の中に、夜な夜な現れるのだという。
試しに、おれも見に行ってみると、木々の間に人影があった。
恐る恐る、懐中電灯の光を向けてみる。
スーツ姿の若い女だ。しかし、なにかが奇妙だった。
その時、女がくるりと背を向けた。
女には後頭部がなかった。
「のヴみゾ、ガえジで」
耳障りな声が、脳裏に響いた。
安心したので、帰って寝た。
303名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)04:04:35ID:Kre
意味こわの傑作は
今日は海に足を運んだ
明日はどこへいこうか頭を抱えた のあれだと思う
304名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)04:05:13ID:Wcy
>>303
あれ怖いよな
332名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)04:23:46ID:aM1
昨日は山へ足を運んだ。
今日は海へ足を運んだ。

明日はどこへ行こう。
私は頭を抱えた。
310名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)04:07:53ID:zfQ
ある女性が大学受験に悩んでいた。
すると突然目の前に男性が現れ、言った。
「あなたの願いは?」
女性は大学に合格したいと言った。
その後、見事女性は大学に合格した。
何年か後にその女性が就職に悩んでいた。
すると突然男性の声がした。
「あなたの願いは?」
女性は就職したいと言った。
その後、見事女性は就職した。

そのまた何年か後にその女性が人生に悩んでいた。
「あなたの願いは?」
女性は答えなかった。
聞こえなかったようだった。
男性は言った。
「順番を間違えたようだな……」
312名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)04:08:35ID:Kre
なんこう、表の文章もきれいに完結してるんだけど
しっかりと裏では(突っ込みどころもなく)怖いのが理想だな。

親のもとへ旅に出る支度をする家族な話とかな

「おい、まだかよ?」
俺は、女房の背中に向かって言った。どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。

「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」
確かに女房の言うとおりだが、せっかちは俺の性分だから仕方がない。

今年もあとわずか。世間は慌しさに包まれていた。俺は背広のポケットからタバコを取り出し、火をつけた。

「いきなりでお義父さんとお義母さんビックリしないかしら?」
「なあに、孫の顔を見た途端ニコニコ顔になるさ」
俺は傍らで横になっている息子を眺めて言った。

「お待たせ。いいわよ。…あら?」
「ん、どうした?」
「あなた、ここ、ここ」女房が俺の首元を指差すので、触ってみた。
「あっ、忘れてた」
「あなたったら、せっかちな上にそそっかしいんだから。こっち向いて」

「あなた…愛してるわ」女房は俺の首周りを整えながら、独り言のように言った。
「何だよ、いきなり」
「いいじゃない、夫婦なんだから」
女房は下を向いたままだったが、照れているようだ。

「そうか…、俺も愛してるよ」こんなにはっきり言ったのは何年ぶりだろう。
少し気恥ずかしかったが、気分は悪くない。俺は、女房の手を握った。
「じゃ、行くか」「ええ」
318名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)04:09:23ID:aM1
今日風呂に入ろうとしたら本格的な温泉ぽい香りがしたので、母に「入浴剤替えたの?」と尋ねると、

「そ、そうなのよ、今日特売で安かったから^ω^;;)」というなんだかぎこちない返事が返ってきた。

しかしいざ入浴してみるとこれがなんとも気持ちがいい。

体の芯から温まる。本当に温泉に浸かってるみたいだ。こんなものが特売だったなんて。

しばらく温泉気分を楽しんだ後、おもむろにボディソープを手にとる。

・・・・・・・手に違和感を覚えた。少しヒリヒリするような感じだ。

そしてなにか嗅ぎ覚えのある臭い・・・・小学校のトイレ掃除の時間が何年もの時空を越えていきなり鮮明に一瞬頭に現れた。
それと同時に、なぜか小6の修学旅行のときに行った箱根の大涌谷の映像も頭をかすめた。



臭い、手の感覚、バスルームの中の空気、頭の思考回路・・・すべてが異様だった
そしてふと後ろを振り向くと、モザイクドアガラスのはるか向こうに、こちらをじっと伺うような黒いシルエットがゆらゆらと揺れていた
321名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)04:10:54ID:Wcy
>>318
混ぜるな危険
325名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)04:14:27ID:Wcy
私「あ〜しまった。
駅のトイレに化粧品忘れてきちゃった。
事務室に落とし物あるかも。」
受付係「ええ、ありますよ。
これでしょうか、
親切なおじさんが届けてくれました。」
私「どうもありがとうございました。」
直接お礼が言えなくて残念だった。
そして私はその人に深く感謝をした。
328名無しさん@おーぷん2017/09/08(金)04:15:17ID:zfQ
おじさん女子トイレ入った?
元スレ:寝れないから意味がわかると怖いコピペ読もう

コメントを残す